エクセルマクロVBA

印刷時のページ設定・PageSetupプロパティ

投稿日:

ワークシートを印刷するときのページ設定はWorksheetオブジェクトのPageSetupプロパティを指定して、PageSetupオブジェクトを取得します。

そしてこのPageSetupオブジェクトに対して印刷の向きなどのプロパティを指定します。

[書式]

オブジェクト. PageSetup. プロパティ

オブジェクト: Worksheetオブジェクト

プロパティの種類

プロパティ

内容

Orientation 印刷の向き xlLandscape:横  xlPortrait:縦
Zoom 拡大・縮小 False: 無効  120: 120%で表示
FitToPagesWide 横幅を何ページ分に収めるか 1: 1ページ
FitToPagesTall 高さを何ページ分に収めるか 11ページ
PaperSize 用紙サイズ xlPaperA4 :A4 xlPaperA3 :A3

xlPaperB5: B5

[] 

With Worksheets(“C079).PageSetup

.Orientation = xlLandscape

.Zoom = False

.FitToPagesTall = 1

.FitToPagesWide = 1

.PaperSize = xlPaperB5

End With

C079という名前のワークシートに対して以下の設定を行っています。

印刷の向き:横

拡大・縮小:無効

シートの高さ:用紙1ページに収める

シートの幅:用紙1ページに収める

用紙サイズ:B5

[サンプルC079]

Sub C079()

Worksheets(“C079”).Select

With Worksheets(“C079”).PageSetup

.Orientation = xlLandscape

.Zoom = False

.FitToPagesTall = 1

.FitToPagesWide = 1

.PaperSize = xlPaperB5

End With

Worksheets(“C079”).PrintPreview

End Sub

ページ設定を行い、印刷プレビューを表示しています。





動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.