エクセルマクロVBA

エクセルVBAの基本

投稿日:

エクセルのVBAでは操作の対象となるもの、例えばセル、シート、ブックなどを

オブジェクトとよびます。

そしてそのオブジェクトに対して動作や設定を指示します。

 

例えば、セルに関しては「Rangeオブジェクト」、ワークシートに関しては「Worksheetオブジェクト
」といった形で指定し、それに対して「値を入れなさい」、「色を赤色にしなさい」といった命令を行います。

 

そしてこれらの命令を属性(プロパティ)、動作(メソッド)と呼びます。

 

オブジェクト: 操作の対象となるもの


[] ワークブック、ワークシート、セル etc

 

ワークブックやワークシート、セルなどをオブジェクトと呼びます。

 

そしてこれらのオブジェクトに対して、属性(プロパティ)、動作(メソッド)を設定します。

以下の書式のようにオブジェクトの後に、ドット「.」を入れてその後に属性(プロパティ)または動作(メソッド)を記述します。

 

[書式]

オブジェクト.属性(プロパティ)

オブジェクト.動作(メソッド)

 

 

例えば「C3セル」というオブジェクトに対して、「一覧」という文字を挿入したり、

C3セルというオブジェクトを選択する場合は以下のように記述します。

 

[]

C3セル. = “一覧”        Range(“C3”).Value = “一覧

C3セル.選択する        Range(“C3”).Select

 

 

はじめはあまり難しく考えず、VBAでセルやシートに命令するときはこのように書くというかたちで、まずは使い方から覚えてゆきましょう。




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.