オブジェクトの指定方法

オブジェクトは階層になっていますが、特定のオブジェクトを指定するには
上の階層から順番に指定してゆきます。

例えば特定のセルを指定するには、どのワークブックの、どのワークシートにあるのかを
明記します。
また、下記の例のようにオブジェクトの明記を省略することもできます。

[書式]

ワークブック.ワークシート.セル

[例]

■ワークブックbook3 のシートsheet1 にあるB5セルを指定
(主に別のワークブックなどから操作する場合)
⇒ ワークブックbook3.シートsheet1. セルB5
⇒ Workbooks(“book3”).Worksheets(“sheet1”).range(“B5”)

■アクティブブックのシートsheet1 にあるセルB5を指定
⇒ シートsheet1.セルB5
⇒ Worksheets(“sheet1”).range(“B5”)

■アクティブシートのセルB5を指定
⇒  セルB5
⇒  range(“B5”)





楽にパソコンが上達する方法はこちら>>>>