エクセル入門

カウント関数(COUNT,COUNTA,COUNTBLANK)の使い方

投稿日:

1. COUNT関数

エクセルのカウント(COUNT関数)は数値の入っているセルの個数を数えます。
COUNT関数では空白や数字以外のセルはカウントされません。

関数書式: COUNT(セル範囲)

関数使用例: COUNT(C1:C8)

以下の例ではセル範囲C1からC8のうち数字のセルのみをカウントします。

空白や数字以外のセルはカウントされないのでカウント数は6となります。

2. COUNTA関数

エクセルのカウントA(COUNTA関数)は数値、文字などのデータの入っているセルの
個数を数えます。

COUNTA関数では空白のセルはカウントされません。

関数書式: COUNTA(セル範囲)

関数使用例: COUNTA(C1:C8)

以下の例ではセル範囲C1からC8のうちデータの入っているセルのみをカウントします。
空白のセルはカウントされないのでカウント数は7となります。

2. COUNTBLANK関数

エクセルのカウントBLANK(COUNTBLANK関数)は空白セルの個数を数えます。

関数書式: COUNTBLANK(セル範囲)

関数使用例: COUNTBLANK(C1:C8)

以下の例ではセル範囲C1からC8のうち空白セルのみをカウントしますので
カウント数は1となります。




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセル入門

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.