エクセルマクロVBA

セルに値を入力する(Valueプロパティ)

投稿日:

あるセルに値を入力するにはValueプロパティを使用します。

またこのValueプロパティを使って、あるセルの値を別のセルにコピーすることも

できます。

 

[書式]

 

オブジェクト.Value

 

オブジェクト:Rangeオブジェクト

 

 

[]

 

A1セルに「文字列」という文字を入力する

Range(“A1”).Value = “文字列

 

A1セルの値をA3セルに入れる

Range(“A3”).Value = Range(“A1”).Value

 

 

[サンプルC017]

Sub C017()

 

Worksheets(“C017”).Select

 

Range(“A1”).Value = “文字列”        

 

Range(“A3”).Value = Range(“A1”).Value    

 

End Sub

 

  1. Range(“A1”).Value = “文字列

A1セルに「文字列」という文字を入力します。

 

  1. Range(“A3”).Value = Range(“A1”).Value

A1セルの値をA3セルに入れます。

 





動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.