エクセルマクロVBA

マクロの絶対参照と相対参照

投稿日:

 

マクロの記録では「絶対参照」と「相対参照」という2種類の形式で記録することができます。

例えばA1D3セルまでを塗りつぶすマクロを記録するとします。

 


 

 

ここで「絶対参照」で記録した場合は、セルの番地が「常にA1D3セルまで」塗りつぶすというマクロになります。

 

これに対し「相対参照」で記録した場合は、マクロを実行する直前に例えばE5セルを

クリックして選択していた場合、

その場所から「右に4つ、下に3つ分のセル」を塗りつぶすという動作のマクロになります。



 

 

これに対し、「絶対参照」の場合はマクロ実行の直前にE5セルを選択していたとしても

「必ずA1D3セルまで」を塗りつぶすという動作になります。

 

「絶対参照」でマクロを記録する場合は、「開発」タブの「マクロの記録」をクリックします。


次の画面でマクロ名をここでは「絶対参照」と入力して「OK」をクリックします。


 

 

次にA1D3セルをドラッグして選択してから「ホーム」タブの「塗りつぶし」をクリックして塗りつぶしを行います。


 

 

最後に「開発」タブの「記録終了」をクリックしてマクロの記録を終了します。


 

次にE5セルをクリックして選択してから「開発」タブの「マクロ」をクリックします。


次の画面で「絶対参照」を選択して「実行」をクリックします。


 

 

すると「絶対参照」で記録しているため、直前にE5セルを選択していたとしても

A1D3セルに塗りつぶしが実行されます。


 

 

相対参照で記録するには「開発」タブの「相対参照で記録」をクリックします。

 


 

 

クリックすると「相対参照で記録」に色が付いた状態になります。


 

 

次に「マクロの記録」をクリックします。


 

 

 

次にマクロ名に「相対参照」と入力し、「OK」をクリックします。


 

 

次にA1D3セルをドラッグして選択してから「ホーム」タブの「塗りつぶし」をクリックして塗りつぶしを行います。


 

 

最後に「開発」タブの「記録終了」をクリックしてマクロの記録を終了します。


 

次にE5セルをクリックして選択してから「開発」タブの「マクロ」をクリックします。


次の画面で「相対参照」を選択して「実行」をクリックします。


 

 

するとはじめに選択していたE5セルを起点として右に4つ、下に3つ分のセル範囲の塗りつぶしが実行されます。



 




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.