エクセルマクロVBA

メッセージボックス(MsgBox 関数)

投稿日:

メッセージボックスを表示させるにはMsgBox関数を使用します。

 

[書式]

MsgBox [prompt],[buttons],[title],[helpfile],[context]

 

引数:

prompt        メッセージの内容

buttons    ボタン・アイコンの種類(最初に選択されるボタンも指定することができます。)

 

ボタンの種類

設定値

ボタンの種類

vbOKOnly

OK

vbOKCancel

OK, キャンセル

vbAbortRetryIgnore

中止, 再試行, 無視

vbYesNoCancel

はい いいえ キャンセル

vbYesNo

はい いいえ

vbRetryCancel

再試行 キャンセル

 

アイコンの種類

設定値

アイコンの種類

vbCritical

警告

vbQuestion

問い合わせ

vbExclamation

注意

vbInformation

情報

 

最初に選択されるボタン

設定値

内容

vbDefaultButton1

第1ボタン

vbDefaultButton2

2ボタン

vbDefaultButton3

3ボタン

 

title        タイトルバーに表示する内容

helpfile    ヘルプファイルの名前

context    ヘルプに対応したコンテキスト番号

 

[]

MsgBox “文字を入力してください。“,

vbYesNo + vbExclamation +

vbDefaultButton2, “入力のお願い

 

この例ではメッセージに「文字を入力してください。」、

vbYesNo」で「はい」「いいえ」ボタン、「vbExclamation」で「注意」のアイコン、

最初に選択されるボタンとして「vbDefaultButton2」で「いいえ」ボタン、

タイトルバーに「入力のお願い」と表示されるメッセージボックスを表示しています。

 


 

 

[サンプルC085]

Sub C085()

 

MsgBox “文字を入力してください。” _

, vbYesNo + vbExclamation + vbDefaultButton2, “入力のお願い

 

End Sub

 




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.