エクセルマクロVBA

印刷の実行 (PrintOutメソッド)

投稿日:

印刷を実行するにはWorksheetオブジェクトにPrintOutメソッドを実行します。

 

[書式]

オブジェクト. PrintOut [From][To][Copies][Preview][Activeprinter][PrintTofile]

[Collate][PrToFileName][IgnorePrintAreas]

 

オブジェクト: Worksheetオブジェクト,Chartオブジェクト,Workbookオブジェクト 

 

引数:

From 印刷開始ページ    

To 印刷終了ページ

Copies 印刷部数        

Preview 印刷前にプレビューに切り替える場合はTrue 切り替えない場合はFalse

Activeprinter プリンタ名    

PrintTofile ファイルへ出力する場合はTrue

Collate 部単位で印刷する場合はTrue    

PrToFileName ファイルへ出力する場合のファイル名

IgnorePrintAreas 印刷範囲を無視する場合はTrue

 

 

[]

Worksheets(“C084”).PrintOut _

From:=1, To:=2, Copies:=3, Preview:=True, Collate:=True

 

以下の設定で印刷を実行させています。

印刷範囲:1ページ目から2ページ目      From:=1, To:=2

印刷枚数:3                    Copies:=3

印刷プレビューを表示                Preview:=True

部単位で印刷                    Collate:=True

 

[サンプルC084]

Sub C084()

 

Worksheets(“C084”).PrintOut _

From:=1, To:=2, Copies:=3, Preview:=True, Collate:=True

 

End Sub

 

 

印刷前に印刷プレビューが表示されます。



 




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.