エクセル入門

文字列(SUBSTITUTE関数)の使い方

投稿日:

エクセルで文字列SUBSTITUTE関数を使うとある文字列の中から
指定した文字を置換することが出来ます。

例えばSUBSTITUTE関数を使うと「エクセル文字列の使い方」という文字列の「使い方」を「入門」に置換して「エクセル文字列の入門」にすることができます。

関数書式: 
SUBSTITUTE(文字列,置換したい文字列,置換後の文字列,置換対象番号)

文字列: 
置換操作を行う対象の文字列をしていします。セルで指定することも出来ます。

置換したい文字列: 置換したい文字列を指定します。

置換後の文字列: 置換後の文字列を指定します。

置換対象番号: 
置換したい文字列が複数ある場合、何番目以降の対象文字列を
置換するかを番号で指定します。

関数使用例:
SUBSTITUTE(C2,”関数”,”使い方”,2)


文字列:C2セル
置換したい文字列: 関数
置換後の文字列: 使い方
置換対象番号: 2番目以降

以下のD2に設定されたSUBSTITUTE関数では文字列がC2セルにあり、
関数という文字を「使い方」という文字列に置換します。

ただし、2番目以降の置換対象のみを置換します。

その結果「エクセル関数とexcel関数」という文字列は
「エクセル関数とexcel使い方」に置換されます。




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセル入門

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.