エクセルマクロVBA

条件分岐処理(If …Thenステートメント)

投稿日:

例えばある値が0以上の場合はAという処理、0未満の場合はBという処理など、

ある条件によって処理を変化させたい場合は条件分岐処理を行います。

 

[書式]

If 条件式 Then

    処理

End If

 

If文の後に処理を行うための条件式(例えば変数の値が10より大きい場合など)を記述します。

 

 

条件式には以下の比較演算子を使用することができます。

 

比較演算子

比較演算子

意味

=

等しい

<>

等しくない

>

より大きい

>=

以上

<

より小さい

<=

以下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[] 

If Range(“A2”).Value = “” Then

MsgBox “番号を入力してください

End If

 

[サンプルC098]

 

Sub C098()

 

Sheets(“C098”).Select

 

If Range(“A2”).Value = “” Then

 

MsgBox “番号を入力してください

 

End If

 

End Sub

 

Range(“A2”).Value = “” 」で「A2」セルの値が空白の場合、という条件式で

それを満たす場合は MsgBox “番号を入力してくださいでメッセージボックスを表示させる処理になります。

 

ここではA2セルが空白のため、メッセージボックスが表示されます。

 





動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.