エクセルマクロVBA

条件分岐処理(Select Caseステートメント)

投稿日:

先ほどのIf elseif 文では複数の条件式を記述してそれぞれ処理を振り分けることができますが、条件式が多くなるとプログラムが読みにくくなってしまうため、

条件式が多くなる場合は一般的にSelect Case を使用します。

 

[書式]

Select Case 条件の対象

    Case 条件式1

        処理

    Case 条件式2

        処理

       



    Case Else

        処理    

End Select

 

 

条件式の記述例

条件式

意味

Case A

Aの場合

Case A,B,C

A,B,Cのいずれかの場合

Case 5 To 10

5以上10以下の場合

Case Is >= 10

10以上

 

 

[] 

Select Case Range(“A2”).Value

Case Is >= 80

Range(“B2”).Value = “

Case Is >= 50

Range(“B2”).Value = “

Case Else

Range(“B2”).Value = “×”

End Select

 

 

[サンプルC102]

Sub C102()

 

Sheets(“C102”).Select

 

Select Case Range(“A2”).Value

Case Is >= 80

Range(“B2”).Value = “

Case Is >= 50

Range(“B2”).Value = “

Case Else

Range(“B2”).Value = “×”

End Select

 

End Sub

 

 

Select Case Range(“A2”).Value
で、条件の対象となるものがA2セルの値、

 

Case Is >= 80

Range(“B2”).Value = “ 
で、

A2セルの値が80以上の場合はB2セルに○、

 

Case Is >= 50

Range(“B2”).Value = “
で、

それ以外でA2セルの値が50以上の場合はB2セルに△、

 

Case Else

Range(“B2”).Value = “×” 

それ以外の場合はB2セルに×が表示されます。

 





動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.