エクセルマクロVBA

色の設定 (ColorIndexプロパティ)

投稿日:

セルの文字列や背景などの色を設定するにはColorIndexプロパティを指定します。

 

[書式]

オブジェクト. ColorIndex

 

オブジェクト:

文字の色        Fontオブジェクト

セルの塗りつぶし    Interiorオブジェクト

 

ColorIndexプロパティの設定値

設定値

内容

xlColorIndexAutomatic

自動

xlColorIndexNone

色なし

インデックス番号

番号で指定

 

■色とインデックス番号の対応表

例えば赤色の場合はインデックス番号は3になります。


 

 

 

 

 

 

[]

With Range(“A2:B4”)

 

.Font.ColorIndex = 5

.Interior.ColorIndex = 27

 

End With

 

セル範囲「A2からB4」に対して文字色(Font)をインデックス番号5の青色、

塗りつぶし(Interior)をインデックス番号27の黄色に設定しています。

[サンプルC041]

Sub C041()

 

Worksheets(“C041”).Select

 

With Range(“A2:B4”)            

 

.Font.ColorIndex = 5            

.Interior.ColorIndex = 27        

 

End With

 

End Sub

 

 

セル範囲「A2からB4」のRangeオブジェクトに対して

.Font.ColorIndex = 5        

 

.Fontプロパティを指定してFontオブジェクトを取得し、

そのFontオブジェクトに対して文字色をインデックス番号5の青色で指定しています。

 

.Interior.ColorIndex = 27        

 

またInteriorプロパティを指定してInterior オブジェクトを取得し、

そのInterior オブジェクトに対して

塗りつぶしをインデックス番号27の黄色に設定しています。

 





動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.