エクセルマクロVBA

複数の条件指定(論理演算子) 

投稿日:

1以上かつ100以下とか、変数A10以上または変数B30以上といった複数の条件をIf文などで指定したい場合は論理演算子というものを使用します。

 

論理演算子

論理演算子

意味

And

すべての条件を満たす場合はTrue そうでない場合はFalse

Or

いずれかの条件を満たせばTrue そうでない場合はFalse

 

 

[]

And演算子 

 

If Range(“A2”).Value >= 60 And Range(“B2”).Value >= 60 Then

Range(“C2”).Value = “合格

End If

 

Or演算子

 

If Range(“A5”).Value >= 60 Or Range(“B5”).Value >= 60 Then

Range(“C5”).Value = “合格

End If

 

[サンプルC099]

Sub C099()

 

Sheets(“C099”).Select

 

‘And条件    

If Range(“A2”).Value >= 60 And Range(“B2”).Value >= 60 Then

Range(“C2”).Value = “合格

End If

 

‘Or条件    

If Range(“A5”).Value >= 60 Or Range(“B5”).Value >= 60 Then

Range(“C5”).Value = “合格

End If

 

End Sub

 

 

And条件の場合①:

 

Range(“A2”).Value >= 60 And Range(“B2”).Value >= 60」で、

A2セルの値が60以上、かつB2セルの値が60以上の場合という条件を指定し、

Range(“C2”).Value = “合格 でC2セルに合格と表示させています。

 

And条件では両方の条件を満たす必要があります。


 

Or条件の場合②:

 

Range(“A5”).Value >= 60 Or Range(“B5”).Value >= 60

A5セルの値が60以上またはB5セルの値が60以上の場合の場合という条件を指定し、

 

Range(“C5”).Value = “合格で、C5セルに「合格」と表示させています。

 

Or条件ではいずれかを満たせばよいので、ここではB5セルの値が60以上で

条件を満たしているため、C5セルに「合格」と表示されます。

 





動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.