「AccessVBA」 一覧

no image

アクセスvba変数の種類

2015/10/30   -AccessVBA

プログラムではデータを一時的に入れておく入れ物をよく利用します。 これを変数と呼びます。 変数を利用するにはプログラム内で「今から変数を使用します」と宣言する のがルールです。 変数を宣言するには D …

no image

アクセスvba・条件分岐と繰り返し

2015/10/30   -AccessVBA

■If If  条件●● then 処理内容■■ End if 「もし条件●●の場合には処理内容■■を行いなさい。」という意味です。 さらに以下のように書くこともできます。 If  条件1 then …

no image

アクセスデザインビューとフォームビュー

2015/10/30   -AccessVBA

■ビューを切り替える テーブル・クエリ・フォーム・レポートには編集できる状態と編集できない 状態とがあります。 編集できる状態を「デザインビュー」と呼び、 編集できない状態を「フォームビュー」と呼びま …

no image

アクセスツールボックスでラベルとテキストボックス

2015/10/30   -AccessVBA

■ツールボックス ツールボックスとはフォームやレポートに配置するボタンや文字がおかれて いるものです。ボタンなどが入った道具箱のようなイメージです。 フォームやレポートをデザインモードで開いたときに表 …

no image

アクセスでボタンとコンボボックスの新規作成

2015/10/30   -AccessVBA

■ボタンを配置する ボタンとは「OK」や「閉じる」などソフトに命令をするときに押されるものです。 フォームにボタンを配置するにはボタンを押してください。 次にボタンを配置したいところで四角形を描くよう …

no image

アクセスでサブフォームの新規作成

2015/10/30   -AccessVBA

サブフォームとはあるフォーム上に置かれる別のフォームのことです。 F_フォーム名のなかにT_営業所のサブフォーム1という 別のフォームが配置されている場合のT_営業所のサブフォーム1をサブフォームとい …

no image

アクセスのツールの基本操作

2015/10/30   -AccessVBA

■ツールに名前をつける ここではラベルやテキストボックス、ボタンなどのツール全般の扱い方 についてお伝えいたします。 ツールにはそれぞれ名前を付けることができます。 例えば各ボタンに名前を付けることに …

no image

アクセスのツールにプログラムを埋め込む

2015/10/30   -AccessVBA

例えばボタンを押したときにあるフォームが開くようにしたい場合などには そのボタンにプログラムを埋め込みます。 プログラムを埋め込むには埋め込みたいツールを押して ■で囲まれた状態にしてから「プロパティ …

no image

アクセスの構成

2015/10/30   -AccessVBA

アクセスは主に以下のものから構成されています。 テーブル クエリ フォーム レポート テーブルはデータを蓄積しておく場所のことです。 例えば住所録や売上記録などをためておく場所です。 アクセスでデータ …

no image

アクセスVBAでインポートとエクスポート

2015/10/30   -AccessVBA

■データの出し入れ 例えばアクセスのソフトからテーブルやクエリの内容ををエクセルファイルや テキストファイルとして外部に取り出して利用したり、 逆にエクセルファイルやテキストファイルをアクセスのソフト …

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.