エクセルマクロVBA

Cellsプロパティ・行番号と列番号でセルを参照する

投稿日:

あるセルを行番号と列番号で参照するにはCellsプロパティを使用します。

これは繰り返し処理などで行番号や列番号を指定するときに

よく利用されます。

 

[書式]

オブジェクト. Cells(行番号,列番号)

オブジェクト:

Applicationオブジェクト, Worksheetオブジェクト, Rangeオブジェクト

指定しない場合はアクティブシートになります。

 

 

[]

Cells(3, 2).Value = “32列目

⇒ 3行、2列目のセルに「32列目」と入力する

 

Cells(5, “C”).Value = “53列目

⇒ 5行、C列目のセルに「53列目」と入力する

 

列番号にはアルファベットの列番号を指定することもできます。

 

 

[サンプル番号C010] 

Sub C010()

 

Worksheets(“C010”).Select

 

Cells(3, 2).Value = “32列目”        

 

Cells(5, “C”).Value = “53列目”        

 

End Sub

① Cells(3, 2).Value = “32列目

⇒ 3行、2列目のセルに「32列目」と入力する

 

② Cells(5, “C”).Value = “53列目

⇒ 5行、C列目のセルに「53列目」と入力する

 





動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.