エクセルマクロVBA

Endプロパティ・終端セルを参照する

投稿日:

Endプロパティを使うとアクティブセル(データの入ったセル)の範囲の終端を取得することができます。

 

例えばA1からC10までデータが入った表があれば、

その範囲内で一番下のセルや一番右にあるセルをEndプロパティによって取得できます。

 

[書式]

オブジェクト. End[Direction]

 

オブジェクト:Rangeオブジェクト

引数:

Direction

 

引数のDirectionでどの方向へ向かって終端セルを取得するのかを

指定することができます。

 

 

Directionの設定値と内容

設定値

内容

xlDown

下方向

xlUp

上方向

xlToLeft

左方向

xlToRight

右方向

 

 

[]

 

A2セルから、A2セルの隣接するアクティブセルの範囲内で

一番右下にあるセルまでを選択

 

Range(“A2”, Range(“A2”).End(xlDown).End(xlToRight)).Select

 

End(xlDown)End(xlToRight)を組み合わせて一番右下のアクティブセルを取得することができます。

[サンプルC013]

Sub C013()

 

Worksheets(“C013”).Select

 

Range(“A2”, Range(“A2”).End(xlDown).End(xlToRight)).Select    

 

End Sub

 

① Range(“A2”, Range(“A2”).End(xlDown).End(xlToRight)).Select

 

はじめにEndプロパティを使って、End(xlDown).End(xlToRight)で右下端の位置を

取得します。

そしてRange(“A2”,A2セルに隣接するアクティブセル範囲の右下端の位置)を指定して、

A2セルから、A2セルの隣接するアクティブセルの範囲内で一番右下にあるセルまでを選択

しています。

 





動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.