エクセルマクロVBA

Nameプロパティ・セル範囲に名前を付ける

投稿日:

Nameプロパティを使用するとセル範囲に名前を設定することができます。

 

[書式]

 

オブジェクト.Name

オブジェクト:Rangeオブジェクト

 

 

[]

 

セル範囲A1からD6に「社員一覧」という名前を付ける

 

Range(“A1:D6”).Name = “社員一覧

 

 

[サンプルC015]

Sub C015()

 

Worksheets(“C015”).Select

 

Range(“A1:D6”).Name = “社員一覧 ①

 

End Sub

 

 

  1. Range(“A1:D6”).Name = “社員一覧

セル範囲A1からD6に「社員一覧」という名前を付けます。


 




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.