エクセルマクロVBA

Offsetプロパティ移動してセルを参照

投稿日:

移動した位置のセルを参照

 

あるセルから指定した行数と列数だけ移動した場所のセルを参照することができます。

あるセルから移動した位置のセルを参照するにはOffsetプロパティを使用します。


これは特定のセル範囲を別のシートのセル範囲にコピーするときなどに重宝する

プロパティです。

 

[書式]

オブジェクト. Offset[RowOffset][ColumnOffset]

オブジェクト:Rangeオブジェクト

引数: 

RowOffset    行方向の移動量 下方向は正の値、上方向は負の値

ColumnOffset    列方向の移動量 右方向は正の値、左方向は負の値

 

[]

Range(“A1”).Offset(3, 3).Select

セルA1から3行下、3列右を選択する。
その結果D4セルが選択されます。

また、列番号にはアルファベットの列番号を指定することもできます。

 

 

[サンプル番号:C011_1]

Sub C011_1()

 

Worksheets(“C011”).Select

 

Range(“A1”).Offset(3, 3).Select        

 

End Sub

 

  1. Range(“A1”).Offset(3, 3).Select

セルA1から3行下、3列右を選択する

その結果、D4セルが選択されます。
 


 




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.