エクセルマクロVBA

Rangeプロパティ・セル番地でセルを参照する

投稿日:

特定のセルを参照するにはを利用します。

例えばA3セルを参照するにはRange(“A3”)と指定します。

 

これ以外にも行番号と列番号で指定する方法もあります。

 

[書式]

オブジェクト. Range

 

オブジェクト:

Applicationオブジェクト, Worksheetオブジェクト, Rangeオブジェクト

※指定しない場合はアクティブシート(現在開いているシート)になります。

 

 

[]

Range(“C3”).Value = “C3”  

⇒ C3セルに「C3」と入力する

 

Range(“A1:B3″).Value = “A1B3″ 

⇒ A1B3の間にコロン(:)を使用することによってA1B3のセル範囲を指定

  することができ、その範囲に「A1B3」と入力しています。

 

Range(“A5,D6″).Value = “A5D6″ 

⇒ カンマ( , )で複数のセルを区切ることによってA5セルとD6セルに

それぞれ「A5D6」と入力しています。

 

サンプル(番号:C009

 

Sub C009()

Worksheets(“C009”).Select        ← ① C009のワークシートを選択

Range(“C3”).Value = “C3”        ← ② C3セルに「C3」と入力

Range(“A1:B3”).Value = “A1B3″    ← ③ A1からB3のセル範囲に「A1B3」と入力

Range(“A5,D6”).Value = “A5D6″    ← ④ A5D6のセルに「A5D6」と入力

End Sub

 

このマクロを実行すると以下のような実行結果となります。

 

Range(“C3”).Value = “C3”        ← ② C3セルに「C3」と入力


 

Range(“A1:B3”).Value = “A1B3″    ← ③ A1からB3のセル範囲に「A1B3」と入力


 

Range(“A5,D6”).Value = “A5D6″    ← ④ A5D6のセルに「A5D6」と入力


 

このようにRangeプロパティを使ってセルの番地を指定することによって

該当するセルを参照して、値を入力したりすることができます。




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.