エクセルマクロVBA

Resizeプロパティ・セル範囲を指定

投稿日:

セル範囲を行数と列数で指定するにはResizeプロパティを利用します。

これはまとめて範囲を指定したい場合に、セル番地を指定する手間を省いて
下方向に何行分、右に何列分といった形で簡単に範囲を指定することができます。

特定のセル範囲をまとめてコピーしたりするときによく利用される方法です。

 

[書式]

オブジェクト. Resize [RowSize][ColumnSize]

オブジェクト:Rangeオブジェクト

引数: 

RowSize        行数

ColumnSize         列数

 

 

[]

Range(“A8”).Resize(1, 4).Value = Range(“A2”).Resize(1, 4).Value

A2セルから1行分と4列右までの範囲を
A8
セルから1行分と4列右までの範囲に貼り付けます。

 

  • プログラミングでは例えばA=15と記述した場合「値15Aに入れる」という意味に

なります。ここで「=」は等しいという意味ではなく、左辺=右辺と記述した場合、

右辺の値を左辺に入れるという意味になります。

 

 

[サンプル番号:C011_2]

 

Sub C011_2()

 

Worksheets(“C011”).Select

 

Range(“A8”).Resize(1, 4).Value = Range(“A2”).Resize(1, 4).Value    

 

End Sub

 

 

Range(“A8”).Resize(1, 4).Value = Range(“A2”).Resize(1, 4).Value

A2セルから1行分と4列右までの範囲を
A8
セルから1行分と4列右までの範囲に貼り付け(コピー)します。

 




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.