エクセルマクロVBA

SpecialCellsメソッド・ある条件に一致するセルの参照

投稿日:

SpecialCellsメソッドを使うとある条件に一致するセルを取得することができます。

 

数式が入ったセルや書式が設定されているセルなど内容を引数で指定して

取得することができます。

 

これを利用してある条件のセルだけにコメントを入れるといった操作をすることができます。

 

[書式]

オブジェクト. SpecialCells[Type][Value]

オブジェクト:Rangeオブジェクト

引数:

Type  条件

Value  引数TypexlCellTypeConstantsxlCellTypeFormulasを指定しているとき、

    その内容を指定

 

Typeの設定値と内容

設定値

内容

xlCellTypeAllFormatConditions

表示形式が設定されているセル

xlCellTypeAllValidation

条件の設定が含まれているセル

xlCellTypeBlanks

空の文字列

xlCellTypeComments

コメントが含まれているセル

xlCellTypeConstants

定数が含まれているセル

xlCellTypeFormulas

数式が含まれているセル

xlCellTypeLastCell

使われたセル範囲内の最後のセル

xlCellTypeSameFormatConditions

同じ表示形式が設定されているセル

xlCellTypeSameValidation

同じ条件の設定が含まれているセル

xlCellTypeVisible

すべての表示されているセル

 

 

Valueの設定値と内容

設定値

内容

xlErrors

エラー値

xlLogical

論理値

xlNumbers

数値

xlTextValues

文字

 

[]

 

A1からD6のセル範囲で空の文字列の入ったセルを選択する

 

Range(“A1:D6”).SpecialCells(xlCellTypeBlanks).Select

 

 

[サンプルC014]

Sub C014()

 

Worksheets(“C014”).Select

 

Range(“A1:D6”).SpecialCells(xlCellTypeBlanks).Select    

 

End Sub

 

 

① Range(“A1:D6”).SpecialCells(xlCellTypeBlanks).Select

A1からD6のセル範囲で空の文字列の入ったセルを選択する

 





動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.