VBAでエラー処理(On Error GoTo)

■エラー処理をおこなう

エラー処理を用意しておかないと実際にエラーが出たときに

そこでプログラムが停止してしまいます。

VBAでエラー処理をするには 「On Error GoTo 」文を使います。

VBA書式:

On Error GoTo エラーになった場合のジャンプ先

正常終了処理:

Exit Sub

エラーになった場合のジャンプ先:

エラーになった場合のジャンプ先: の部分にエラー処理を記述します。

こうすることでエラーが発生した場合、「エラーになった場合のジャンプ先」の部分へ処理が移動します。

正常終了処理の部分の最後には必ずExit Subを付けてください。

そうしないと正常終了処理のあとそのままエラー処理部分に

処理が進んでしまいます。

使用例:

On Error GoTo Err_name1_Click

Exit_name1_Click:
‘正常終了処理

Exit Sub
必ずExit Subを付けてください。

‘エラー処理
Err_name1_Click:

エラー処理

If Err.Number = 52 Then

MsgBox “フロッピーディスクを入れてください”

Else: MsgBox Err.Number & ” : ” & Err.Description

End If

エラーメッセージを表示します。

On Error GoTo はそのプロシージャ内のみ有効です。

また、エラー処理を無効に戻す場合は、「On Error GoTo 0」と記述します。





楽にパソコンが上達する方法はこちら>>>>