エクセルマクロVBA

VBAで変数の宣言

投稿日:

ここでは条件によって処理を変化させることができるVBAプログラミングに必要な

変数についてお伝えいたします。

 

変数というのは数字や文字列などの値を入れておく箱のようなもので、

プログラムではこの変数に一時的に値を入れておいたり、必要な時に値を取り出したりすることができます。

 

変数: 値を入れておく箱

 

変数を使用するには初めに変数の宣言をおこないます。

この宣言では変数の名前、変数に入れる値の種類を記述してどのような変数を使用するのかを明言します。

 

  • 変数の宣言
    Dimステートメント)

 

[書式] 

Dim 変数名 As データ型

 

データ型とは、変数に入れる値が整数なのか、文字列なのかといった種類のことです。

また、変数に使用できる文字には以下のようなルールがあります。

 

変数名は英数字、漢字、ひらがな、カタカナ、アンダースコア「_」を使用できる。

先頭の文字には数字は使えない。         × 1シート

VBAで定義されている名前は使えない。     × Sub

 

 

[] Dim 個数 As Integer

 

「個数」という名前のInteger型(整数型)の変数を宣言しています。

 

データ型(変数に使用できる値の種類)は以下のとおりです。

整数なのか、文字列なのかといった値の種類のことをデータ型とよびます。

例えば変数に整数を入れたい場合はInteger型、

 

データ型

内容

Byte(バイト型)

0255の整数

Integer(整数型)

-32,76832,767の整数

Long(長整数型)

-2,147,483,6482,147,483,647の整数

Single(単精度浮動小数点型)

-3.402823E38-1.401298E-45(負の数)

1.401298E-453.402823E38(正の数)

Double(倍精度浮動小数点型)

-1.79769313486231E308-4.94065645841247E-324(負の数)

4.94065645841247E-3241.79769313486232E308(正の数)

Currency(通貨型)

-922,337,203,685,477.5808922,337,203,685,477.5807

Date(日付型)

西暦10011日~西暦99991231

String(文字列型)

文字

Boolean(ブール型)

TrueまたはFalse

Object(オブジェクト型)

オブジェクトを参照するデータ

Variant(バリアント型)

すべての値




動画で楽にパソコンが身につく方法はこちら>>

-エクセルマクロVBA

Copyright© エクセルVBA使い方入門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.