VBAで文字列操作(LTrim関数,RTrim,Trim,Replace)

■文字列のスペースを削除する

VBAで文字列のスペースを削除するには3つの関数を使用します。

1 LTrim関数

LTrim関数では文字列の左端のスペースを削除します。

VBA書式:

LTrim (文字列)

使用例:

MsgBox (LTrim(“ ACCESSVBATIPS”))

「ACCESSVBATIPS」と表示されます。

2 RTrim関数

RTrim関数では文字列の右端のスペースを削除します。

VBA書式:

RTrim (文字列式)

使用例:

MsgBox (RTrim(“ACCESSVBATIPS “))

「ACCESSVBATIPS」と表示されます。

3 Trim (文字列式)

Trim関数では文字列の両端のスペースを削除します。

VBA書式:

Trim (文字列式)

使用例:

MsgBox (Trim(“ ACCESSVBATIPS “))

「ACCESSVBATIPS」と表示されます。

■文字列を置換する

VBAで文字列を置換するにはReplace関数を使用します。

VBA書式:

Replace(文字列式,被置換文字列,置換文字列)

使用例:

MsgBox (Replace(“ACCESSVBATIPS”, “A”, “Z”))

ZCCESSVBZTIPSと表示されます。

さらにオプションがあり、検索開始位置や置換回数、比較形式を
指定することも出来ます。

VBA書式:

Replace(文字列式,被置換文字列,置換文字列,検索開始位置,置換回数,比較方法)

比較方法:

vbUseCompareOption: OptionCompareステートメントの設定を使用して比較
vbBinaryCompare : バイナリモードで比較(大文字/小文字 半角/全角 ひらがな/カタカナを区別して比較
vbTextCompare : テキストモードで比較(大文字/小文字 半角/全角 ひらがな/カタカナを区別されず五十音で比較
vbDatabaseCompare: Accessのデータベースの設定を使用して比較

使用例:

MsgBox (Replace(“AAAAAbbbbbbbCCCCCC”, “B”, “Y”, 7, 3, vbTextCompare))

YYYbbbCCCCCCと表示されます。





楽にパソコンが上達する方法はこちら>>>>